ぼくたちの歩くみち

二人の想いをブログに綴ります。

はじめての旅行。

 

僕は地元に別れを告げて

電車に飛び乗った。

 

 

 

電車の中は帰宅を急ぐ

サラリーマンでいっぱいになって

そのなか僕だけは

旅に出かけるような装いをしていた。

 

 

 

そう、

今夜からふーちゃんと

初めての旅行に行くのだ!

 

 

※ちなみにですが僕とふーちゃんは

友達の時に一緒に旅行をしたことがなくて

実は今回が初めての旅行なのですw

 

 

 

 

電車に1時間ほど揺られて、

待ち合わせをしている駅に着いた。

 

 

僕は少しだけ緊張をしていた。

(そんな必要はないと

 分かっているのだけれどw)

 

 

 

 

 

電車を降りて、

階段を上がって改札を出る。

 

 

ふーちゃんが現れた!

 

 

お互いに顔がニヤついていて、

とりあえずハイタッチw

 

 

 

ふーちゃんに地元で買った

プレゼントをあげて

そのまま彼の車に向かう。

 

 

 

 

車に乗り、

僕は落ち着いて

 

腹ごしらえをするために

ココイチへといった。

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414201743j:image

 

 

ふーちゃんは卵の乗っているカレー

僕はとんかつの乗っているカレー。

 

 

・・・やはり、カレーは美味しいと気づいた(笑)

 

 

 

 

 

そして日付が変わるころ、

僕たちは今回の旅行の目的地である

「飛騨高山」に向かって車を走らせた。

(運転手はふーちゃんです)

 

 

 

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

 

夜中の高速道路。

 

 

隣には眠たげなふーちゃん。

 

 

そして、

とても心配をする僕。

 

 

 

 

眠たくなっている彼を見て

僕は四六時中ビビっていました(笑)

 

 

 

だから僕も寝ることはできず

一緒に運転をしている気持ちで

助手席に座っていましたww

 

 

 

ふーちゃんが車を走らせること数時間・・・

 

 

「ひるがの高原サービスエリア」について

ここで僕たちは仮眠をとることにしました。

 

 

 

 

緊張が解けた僕とふーちゃんは

つかの間の休息をとりました。

 

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

 

目を開けると辺りは明るくなっていて、

どうやらほんの数時間眠った模様。

(仮眠なので寝たようで寝ていないですw)

 

 

 

再び車は走り出して、

一気に高山に向かいました。

 

 

 

高山に到着すると

時刻は7時ちょい、

 

町に住む子供たちが

通学をしていました。

  

 

駐車場に車を停めて

僕たちは高山の街を歩きました。

 

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414202149j:image

 

歩いても歩いても

お店は一つも開いてません・・・

 

ちょっと時間が早すぎた(笑)

 

 

 

それにも関わらず、

とりあえず僕たちは歩いて

歩きながらのんびりを話をしていました。

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414202218j:image

 

住むならどんなところがいい?とか

何県に住みたい?とかw

 

 

このような話をするのは初めてなので

少し新鮮な感じがなんだか面白かったですw

 

 

 

そうしているとお腹が空いてきたので

とりあえず、

開いていた喫茶店に入って

モーニングを食べました。

 

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414202312j:image

 

 

ゆで卵はふーちゃんに

剥いてもらいましたww

 

 

 

 

腹ごしらえをした僕たちは

近くにあった

お土産が売っているお店に入って

 

 

可愛いお箸やお土産を見ましたw

(旅は序盤で気が早いですが)

 

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414203206j:image

 

そうしているうちに

周りのお店が開いて、

色々なお土産屋さんを回りました(笑)

 

 

 

そして僕たちと言えば

ソフトクリーム。

 


f:id:taka-ku-22:20170414203352j:image

 

 

なので、

食べてきました(笑)

 

 

 

 

 

 

その後、

車を走らせて下呂温泉へと行きました。

 

 

目的は「足湯」です。

(あと、ソフトクリームもw)

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414203525j:image

 

 

足湯を二人で楽しんで

ソフトクリームも食べて

足からぽかぽかになりました!

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414203540j:image

 

 

そして再び高山に向かう。

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

車の中では何故か僕は

彼とくっつきたくて

少しでもと、密接ポイントを求めたり

 

少しずつ「好き」が芽生えてきましたw

 

 

 

 

※余談ではありますが、

僕は彼のことが好きです。

 

ですが自分では自分の気持ちには

とても鈍いので

いきなり「めっちゃ好きです!」とはならないのです。

 

少しずつすこしずつ変化する

自分の心になんとなく気づいていたのです。

 

 

きっとふーちゃんは

僕の変化にとても敏感に気づいていて

それを一番に楽しんでいたことでしょう(笑)

 

 

 

 

 

不思議と手を繋いでみたくなったり

目を見ては照れたりして、

何故照れるのかわからないけど

照れることを楽しんでましたw

 

 

 

車で走ること数十分、

次の目的地に到着しました。

 

「飛騨大鍾乳洞」です。

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414203602j:image

 

ここは、

お互いに一度来たことがあるので

大体どんなところなのかは

よく知っていましたw

 

 

 

まぁ、一度来て面白かったので

もう一度行ってみたかったという場所です。

 

  

それに加え、

お宿のチェックインの時間まで

まだ時間があったので

それに合わせるためにもここに寄りましたw

 

 

 

感想は短くて、

「ただただ歩いただけw」でした。

 

 

お互いに何年かぶりに来て

中が少しだけ変わっていて

 

前よりもボリュームダウンしたのかな?

と思って

 

ちょっとだけつまらない感もありました(笑)

 

 

でも二人で手を繋いで冒険をしているようで

その点ではとても楽しかったです!

 

 

それと寒かったですw

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414203649j:image

 

 

そして車はお宿に走ったのだ。

 

 

 

 

 

 

☆☆☆

 

 

車を走らせること1時間ぐらい

山の奥の奥の方へと走って

やっとこさお宿に到着。

 

 

ふたりとも

「やっとついたー」とう気持ちでしたw

 

 

ふーちゃん

運転おつかれさま!('ω')ノ

 

 

 

 

荷物を車から取り出して

受付をして、

 

部屋に案内されて

浴衣を交換してもらって

 

ふたりソファに座ったり

部屋をうろうろしたりしました。

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414203747j:image

 

 

なんとこのお部屋だけ、

他の部屋とは離れていて

 

隣に他の部屋はないのですww

 

 

 

さらに二階があって

なんというVIP感に嬉しかったです。

(ちなみにお部屋はランダムで

他の部屋と値段も同じとのことです)

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414203811j:image

 

 

僕たちは浴衣に着替えて

早速お風呂に行きました。

 

 

 

※ちなみにここのお風呂は

外風呂・内風呂

共に二か所あって(計4ヶ所)

どれもが貸し切りのお風呂なのです。

なんと素晴らしいw

 

 

 

まずは露天風呂に入りました。

 

温泉に浸かって、

慣れたこの感じに

なんだか笑ってしまいました(笑)

 

 

僕たちは以前もよく

二人で日帰り温泉にいったり

よく出掛けたりしていたので

 

特に新鮮という感じはなくて

なんとなく慣れた感が

これまた落ち着くものですw

 

 

 

 

特別わーわーと話すことなく

二人で静かに寄り添うのも

 

これまた心地よいものです。

 

 

 

 

 

お風呂上がりの僕たちは

部屋に帰って

 

「ビールだ!!」というわけでもなく

 

 

僕が

「風呂上がりにはポカリがいいのだよ」

と言ったので

 

二人でポカリを飲んで

ソファに座ってテレビを見ていました。

ふるさと納税特集をしていましたw)

 

 

 

なんとも、

ゆるやかなこの時間に

幸せを感じていました。

 

 

 

そして時間になり

夕食を迎えることとなるのだ。

 

 

☆☆☆

 

 

 

 

時刻は18時、

僕たちは食事をとるべく

食事部屋に行く。

 

 

 

するとここでも、

周りを気にすることなく

周りには誰もいない部屋に案内されましたww

 

二人でゆっくりと過ごしました。

 

 

 

 

部屋にビールがあるので

ここでは飲まないのかなと思ったが、

ふーちゃんが「ビール」と頼みだすので

 

二人で乾杯をしましたww

(不意なことなので笑ってしまった)

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414204058j:image

 

 

※またまた余談ではありますが

ふーちゃんは僕が思わぬ行動をいきなり

することがあるので時々僕は驚いていますww

 

一例を出すと、

大阪で二人で飲んだ時に

〆のラーメンを食べに行ったのに

いきなり瓶ビールを頼みだしたので

 

驚いて笑ってしまいました(笑)

 

〆なのにまだ飲むのかよ!!

と思っていましたw

 

 

 

料理がどんどん運ばれてきて

どれを食べても美味しくて、

 

  


f:id:taka-ku-22:20170414204133j:image

 

お刺身に焼き魚に

飛騨牛に・・・

 


f:id:taka-ku-22:20170414204151j:image

 

 

お米大好き

けーくん&ふーちゃんんには

たまらんものでしたw

(めっちゃごはん食べました)

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414204213j:image

 

もうね、

ホントに美味しいおいしいといって食べて

とても幸せでしたw

 

 

前を見たら照れるしよーもーww

 

でも、

二人で「美味しい」と

言い合えることはとても幸せ。

 

 

 

ゆったりと

1時間半ほどかけて料理を食べて、

ぼくたちは部屋には帰りました。

 

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414204258j:image

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

部屋に帰った僕たちは

二人の好きなオリオンビールを飲もう!

となっていたのですが、

 

ソファに二人で寄り添っていたら

とても眠たくなって

いつの間にか寝てしまいましたw

 

 

1時間ほど寝て

起きると喉ががらがらで

とてもコンディション悪くなっていました(笑)

 

というのも、

部屋全体に床暖房がかかっていたので

空気が乾燥して喉がダメージを受けたのですww

 

 

そんな僕たちは歯磨きをして

隣の部屋にある布団で寝ることにしました。

 

ですが、

床暖房の強烈なこと

熱くて眠れたものじゃなかったのでw

(床暖房恐るべし!)

 

二階にある部屋に

布団を二人で持ってあげて

 

ひっそりと

身を寄せ合って寝ました。

(もちろんシングルふとんw)

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414204244j:image

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

 

朝起きて、

歯磨きをして朝ご飯にすることに。

(けーくんは朝起きて歯磨きをするタイプ) 

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414204338j:image

 

 

ふーちゃんからは

「朝ご飯も美味しの!」と聞いていたので

期待していましたw

 

 

その言葉の通り、

朝ご飯もとても美味しくて

ごはんを何杯もおかわりしましたw

 


f:id:taka-ku-22:20170414204356j:image

 

 

特にここの宿のお料理は

お肉も魚も全部美味しくて、

特に野菜がしゃきしゃきで

 

歯ごたえが良いところに感動しました!

 

 

 

 

 

お腹いっぱいになった僕たちは

荷物をまとめて

家へと向かうことにした。

 

 

☆☆☆

 

 

 

帰りはサービスエリアによって

二人でソフトクリームを食べたました。

 

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414204409j:image

 

 

さらには、

今日は友達とランチをする

約束をしていたので

(メインはふーちゃんを紹介すること)

 

 

三重県に寄ってから

家に帰りました。

 

 

 

 

一年ぶりに会う友達は

いつものように元気で

 

とても楽しい時間を過ごしましたw

 

 

 

 
f:id:taka-ku-22:20170414204438j:image

 

 

そして旅も終盤、

辺りは暗くなった頃に

ふーちゃんの家に着いて

 

 

今回の旅は終わりました。

 

 

 

 

 

☆☆☆

 

 

 

今回は初めての二人の旅ということで、

特に身構えることもなく

気楽に旅ができたと思います!

 

友達としては3年目

恋人としては1年目のぼくたち、

 

すっかり落ち着いた関係で

それでもときどき照れることの嬉しさや

自身からの「好き」が垣間見えることに

楽しみ、嬉しさを感じることができました。

 

 

やっぱり隣に君がいて落ち着くこと、

それがとても僕の中で「安心感」に繋がって

嬉しいこと。

 

 

そしてこれからも

小さな幸せを積み上げていけたらと思う旅になりました!

 

 

友達であり親友であり

恋人でありライバルであり

 

そんな関係に幸せを覚える

けーすけでありました。

 

 

 


f:id:taka-ku-22:20170414204507j:image

 

 

 

 

おしまい。